専門課程の教育が大半

専門学校では専門課程の教育が大半に行われています。このことから、卒業したら即戦力というのが、専門学校の強みです。しかし、現場は現場であり、そこの会社の先輩と協調しながら働いていくことが重要です。さらに、専門課程の教育が多いことから、実習が中心でもあります。

そこが、夢と現実の違いで、実習をすることにより、自己の適正が合うかどうかを考えることがあるのも当然なことです。しかし、自己に合うかどうかを考えることは非常に重要です。実習での教養も必要ですが、会社で多くの社員と情報を共有しながら働いていくことが、難しいという人もいます。さらに、少々実習での実力が養成されていなくても、同僚と調和しながら上手に働いて実践力を高めている人もいるのです。要は、そこでしがみついて働き気概ともいえます。

それを考えると、専門学校での実習中心の授業についていけなければ、働くことも難しいともいえます。もちろん、欠席や髪型や服装での態度も大事なのです。それから、関連のない仕事に就職すると、専門学校で学んだ意味もなくなるのです。そこで、専門学校で学んだ関連のある就職に就くことを目指すのが当然なのです。しかし、大学には、この職業に就く目標は明確ではありませんので、自己で決めていかないといけないのです。

専門学校と大学

専門学校とは、専門課程をおく専修学校のことを指します。学校教育法で第81条専修学校のところに、学ぶ期間は1年以上で、年間800時間の授業を行い、学生が40人以上と条件があります。大学とは、学術や広く知識を授けるところで、それから教育研究を行い、社会に還元するところです。学生の興味や関心において授業を選択できる特徴があります。 もちろん、専門学校も専門分野を学んでいますので、公開講座を一般の人たちにも行っています。

この専門学校と大学の違いから、大学は自由な雰囲気と伝わったと思いますが、大学も教員免許を取ることや、学部学科により必要な履修単位があることから、完全に自由ではないです。そして、専門学校は、職業で活躍するための高等教育機関といえます。大学はというと、広く学問を学ぶところです。そのことから、大学4年間を終えてから、就職を決めるために専門学校に通う人もいるのです。

さらに、専門学校では多くが実習中心で、出席やレポート提出が厳しいという現実もあります。しかし、専門学校より大学のほうが世間的には認められる傾向にもあります。しかし、専門学校によっては入学試験が難しい学校もありますので、一概にもいえないのです。そして、その専門学校を卒業してしまえば仕事に就ける学校もあるのです。大学でも就職に関しては決まらないということで悩んでいる家庭もあるはずです。それでは、今回は専門学校と大学の違いについて話をしていきます。