専門課程の教育が大半

専門学校では専門課程の教育が大半に行われています。このことから、卒業したら即戦力というのが、専門学校の強みです。しかし、現場は現場であり、そこの会社の先輩と協調しながら働いていくことが重要です。さらに、専門課程の教育が多いことから、実習が中心でもあります。

そこが、夢と現実の違いで、実習をすることにより、自己の適正が合うかどうかを考えることがあるのも当然なことです。しかし、自己に合うかどうかを考えることは非常に重要です。実習での教養も必要ですが、会社で多くの社員と情報を共有しながら働いていくことが、難しいという人もいます。さらに、少々実習での実力が養成されていなくても、同僚と調和しながら上手に働いて実践力を高めている人もいるのです。要は、そこでしがみついて働き気概ともいえます。

それを考えると、専門学校での実習中心の授業についていけなければ、働くことも難しいともいえます。もちろん、欠席や髪型や服装での態度も大事なのです。それから、関連のない仕事に就職すると、専門学校で学んだ意味もなくなるのです。そこで、専門学校で学んだ関連のある就職に就くことを目指すのが当然なのです。しかし、大学には、この職業に就く目標は明確ではありませんので、自己で決めていかないといけないのです。